広告

2019年10月18日金曜日

日本政府、北朝鮮漁船の衝突映像を公開


政府は18日夜、水産庁の漁業取締船と北朝鮮の漁船が今月7日に石川県・能登半島沖で衝突した際の映像を公開しました。
日本の正当性を強調するのが狙いのようです。
取締船「おおくに」が日本の排他的経済水域(EEZ)から出ようとしない漁船に対して放水・警告するさなか、漁船が左にかじを切っておおくにと衝突し、大きく傾きながら沈没する様子が映し出されています。
日本の対応に北朝鮮側が反発し、日朝関係に影響を与えそうです。
公開されたのは、約4時間の映像を約13分間に編集したもの。
放水から衝突までは5分弱。おおくには旋回してくる漁船を避けようとしたといいます。
水産庁は、衝突の前後は映像に編集を加えていないと説明しています。
 映像では、漁船が急接近する中、おおくにの乗組員から「当たる、当たる」との声が聞かれ、その後、ずしんという衝撃音とともに衝突。漁船はおおくにから離れた後、沈み始めます。
 おおくにから降ろされた小型艇が、海上でブイとみられるものにつかまっている漁船乗組員に近づき、救命いかだやライフジャケットを提供。
その後、乗組員は北朝鮮籍とみられる他の船に乗り移り、現場を離れていったようです。
 記者会見した水産庁の神谷崇資源管理部長は公開理由を「取り締まり活動が適切に行われていたことを理解してもらうためだ」と説明しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿